叶え組

コメント(0) / この記事のURL

世界は「夢組」と「叶え組」でできている|桜林 直子(サクちゃん)|note

桜林さんの文章を読んで、自分は「叶え組」だなと考えると、いろんなことが腑に落ちる気がしました。

決してやりたいことがないわけじゃないけれども、この文章でいう「衝動としてやりたいことがある」わけではなくて、若い時にずいぶん苦しみました。
学生の時には、時々それをやらなければいられないような人がいて、そういう人を羨ましく思いつつも、自分はそういう風にはできないと感じていました。今考えるとそういう人は「夢組」だったんだろうなぁ。

『自分が「夢組」なのか「叶え組」なのかわかっていれば、無理して自分とはちがう何者かになろうとしなくてすむ。』というのは本当にその通りで、自分の持つ特性と違う方向を目指そうとすると、ハードルが高すぎてうまくできず、自己嫌悪に陥ります。だから、自分の特性を知ることは、自分にとって自然な頑張り方を知る上で重要なことだなと感じます。

この文章の、「なんとなく『やりたいことがある人』が良しとされる風潮があるけれど、やりたいことがないからといって嘆くことはない。」という言葉にはとても救われる部分があるなと思います。
この前受けたストレングスファインダーでもそうだけれども、特徴自体に優劣はなくて、それぞれにいい部分、苦手な部分があって、お互いに補え合えるという部分に通じますね。

自分の経験からいくと、夢組の人が目標に対して一直線に進もうとするのに対して、叶え組の人はいろいろ寄り道もしながら、いろんなものを拾って集めて、ある時その集めたものがコップの水が溢れるように一杯になったとき、自然とやりたいこと・やるべきことが見えてくるような、そんなイメージでいます。

なので、焦らず、自分のできることを積み上げていきたいなと思います。

コメント(0) / この記事のURL



手作り迷路

カテゴリ:子ども

コメント(3) / この記事のURL


パソコンのお絵かきソフトの使い方をちょっと教えてあげたら、
弟のために迷路を作り始めたお姉ちゃん。
子どもは面白ければ覚えるのも早いですね。
将来が楽しみだなー。

コメント(3) / この記事のURL



30冊目 ストレングスファインダー

カテゴリ:目指せ本100冊読破!

コメント(0) / この記事のURL


30冊目 ストレングスファインダー


友人に薦められてストレングスファインダーを受けてみました。
Webサイト上で177個の質問に答えていくことで、自分の強みを知ることができるツールだそうで、全世界的に有名だそうです。

本についているコードを使用することで、全34個の資質のうち、上位5個の資質について知ることができます。
結果は以下の通りでした。


------------------------

1. 学習欲
学習欲という資質を持つ人は、学習意欲が旺盛で、常に向上を望んでいます。特に結果よりも学習すること自体に意義を見出します。

2. 親密性
親密性という資質を持つ人は、他人との緊密な関係を楽しみます。目標達成のために友人と努力することから、大きな満足感を得ます。

3. 最上志向
最上志向という資質を持つ人は、強みを利用して、平均的ではなく最高の水準を、個人ないしは集団において追求します。単なる強みを最高レベルのものに変えようとします。

4. 達成欲
達成欲という資質を持つ人は、並外れたスタミナがあり、旺盛に仕事に取り組みます。自分が多忙で生産的であることに、大きな満足感を得ます。

5. 責任感
責任感という資質を持つ人は、一度やると言ったことは必ず実行する精神の持ち主です。正直さや忠実さなどの普遍的価値観を達成することに、意義を感じています。

------------------------

1番はなんと学習欲。確かに新しいことを学ぶことが好きで、学ぶことが苦ではないけれども、自分にとっては当たり前すぎて、それを自分の強みとして考えたことはなかったです。
強みであることは、ある意味本人にとっては当たり前にできるからこそ強みなので、他の人にとってはそれは当たり前ではないということに気付ける、というのは本書のいいところですね。

また、自分の持っていない強みについても読んでいくと、これだけ考え方の違う人がいるのだということに驚かされます。
誰かを見るとき、ついつい自分の基準にあてはめて考えてしまいがちですが、それでは全く理解できないことが多々あるのがよくわかりますね。

自分の弱い部分を強いられる環境というのは、本人にとっても辛いことですし、成果も上がりにくいので誰にもメリットがありません。
その人の強みと弱みを理解した上で、付き合うことができれば、それはお互いにとって幸せなことだと思います。
こういう傾向がある人がいる、ということがわかるだけでも、人を見る目が少し変わりますね。

もう少し読み込んでみて、自分の行動を見つめなおしたいなと思います。

コメント(0) / この記事のURL



NAS

カテゴリ:IT

コメント(4) / この記事のURL


子どもの写真の管理が大変になってきたので、
ついにNASを買っちゃいました。

Synology社とQNAP社のどちらのNASにしようか迷ったんですが、最終的に値段とスペックからQNAP社のものにしました。
型番はTS-231Pです。
値段は2万円ちょいで、本体にはHDDが付属していないので、1万円程度で1台HDDを購入しました。HDD2台搭載できるので、もう1台はデスクトップPCに入ってるやつを使うことにしました。


HDDはねじで固定して、差し込むだけ。
簡単です。

手順に沿って初期化して設定していけば、特に難しいことをする必要もなくRAID1(2台のHDDに同じデータを書き込んで、片方が故障してもデータが消えないようにする)が組めました。

さらに、myQNAPcloudというWebサービスに登録することで、インターネット経由でのアクセスも簡単にできるようになります。(簡単すぎて逆に怖いくらい)

ひとまず外部からアクセスする必要性があまりないので、内部からのアクセスのみ有効にしました。
最近のNASは高性能で、Webサーバーやデータベースまで立てれたりするみたいです。
時間ができたらそのへんもやってみたいですね。

ひとまず、奥さんと自分のスマホに対応するアプリを入れることで、撮影した写真がNAS上に自動アップロードされるように設定しました。
これができるだけでもずいぶん楽です。
今まで毎回ケーブルで接続していたので…。

一般的にみなさんどうやって写真のデータとか管理してるんですかね。

コメント(4) / この記事のURL