目を引く広告

コメント(2) / この記事のURL


渋谷駅の巨大ポスター、
いつも結構面白くて見ちゃいます。
今はDUEL LINKSという、遊戯王のスマホゲームの広告になってました。

普通だったら、カードゲームをテーマにした広告や、
登場するモンスターなんかをピックアップしそうですが、
まさかの髪に着目!
でも、遊戯王を知っている人なら一目で遊戯王だとわかるし、
知らない人でもなんだろうと見てしまうこの特徴。
ゲームの内容とは全く関係はないけれども、
目をひいて、ちょっとやってみたいなと思わせるというのは、
うまい広告だなーと感じました。
何に着目するか、というのは重要ですね。
それによってできるものも全く変わってくるというのは面白いところです。


遊戯王だらけ(笑)

コメント(2) / この記事のURL



Windows10 Anniversary Update

カテゴリ:IT

コメント(0) / この記事のURL

我が家のWindows10パソコンなんですが、
確か去年の時点で提供されていた、Windows10 Anniversary Updateがインストール成功しない現象に悩まされていました…。


ダウンロードは完了しており、
更新してシャットダウンを選択すると、
インストールの処理が走った後、上記の画面でずーーっと停止します。

一晩待ってみても変化がなく、
ほとほと困っていました。

自分自身のアップデートなのだから、
失敗するなら失敗するで、
失敗の原因を表示してくれればいいのに…。


2回ほど強制シャットダウンをすると、
勝手に以前の状態に復元する処理が走ります。

時間もなかなかないので、本腰入れて調べられていなかったのですが、
先日パソコンを使おうとしたら、
いきなり「〇時〇分にアップデートインストールのための再起動をスケジュールしました」みたいな表示がされました。
しかもそのスケジュールの時間が10分後ぐらい…。
さらに、ボタンの選択肢が「今すぐ再起動する」と「閉じる」しかない…。
急いでパソコンを使いたい時にこれはちょっとひどいですよMicrosoftさん…と思いました。

アップデートが重要なのはわかりますし、
ちゃんと調べずに後回しにしていたのがまずいのはわかりますが、
パソコンに詳しい人でないとそもそもサポートに聞くぐらいしか打つ手もなさそうですし…。


さすがにやらないと、と思って調べてみたところ、
USBの処理でひっかかっている場合があるとのこと。
USBで接続しているケーブルを全て引っこ抜いて更新かけてみたところ、
無事に更新が完了しました。

わかってみれば簡単なことでしたが、
自動で更新かかるなら、失敗した時の対策案を示すなど、
もうちょっと改善してほしいなと思いました…。

もし、同じ現象で悩んでいる方がいましたら、、
USBを全て引っこ抜いて試してみてください。

コメント(0) / この記事のURL



バンカーリング

コメント(0) / この記事のURL



せっかく買ったiPhoneを落としたら悲しすぎるので、
今流行りのバンカーリングを購入してみました。
スマホの後ろにリングをつけることで、
滑って落とすといったことがかなり防げるようです。
同期で使っている人がいて、初めて知りました。


直接貼り付けるのはちょっと抵抗があるので、
ケースの上から貼り付けてみました。
上手に剥がせば、半永久的に使用できるらしいです。
確かにすごく安定します。

壊れやすい偽物が出回っているようなので、購入する際はご注意ください。

コメント(0) / この記事のURL



端ばめ

カテゴリ:木工

コメント(0) / この記事のURL



今日は久々に木工をしに行ってきました。
側板をつなぐ部材を、昇降盤を使って加工してみました。
刃が高速で回転しているので、慎重に。

木工、もっとやりたい気持ちはあるんですが、
どうしてもまだ子どもが小さいこともあり、
今日でしばらくお休みさせて頂くことになりました。


教室に来ていた人が、昔の家を解体して出てきた部材を使用していました。
↑の写真はその部材に加工されてた端ばめ。
耐久性、そり止め、見た目のために小口部分が見えないように加工されています。


横から見るとこんな感じ。
100年以上前に作られてるので、ルーターとかもない時代に作られているので、手加工だそうです。
こんなのどうやって加工してるんだろ…。
すごすぎる…。

コメント(0) / この記事のURL



所有から利用へ

カテゴリ:IT

コメント(0) / この記事のURL

今年定番になる?月額定額のファッションレンタルサービス5選

服のレンタルサービスが今流行ってきているそうです。
確かに、自分で選んで購入するよりも、
プロがアドバイスもしてくれて、たくさんの服を着られるというのは
なかなか面白いサービスですね。

なんだか最近、物を所有する時代から、サービスとして必要な分だけ利用するという時代にどんどん変わっていっている感じがします。

MicrosoftのOfficeもパッケージ売り切りの形から、Office365という月額課金の体系に移行していっているし、
Adobeのクリエイティブ製品もクラウド版のみになりました。
サーバーもオンプレミス(社内でサーバーを運用する)から、クラウドの活用が増えてきているし、
カーシェアリング、ルームシェアリング、レンタルオフィスなんかも最近よく聞くようになりました。

物をたくさん作ってたくさん売る時代から、いかに価値を提供することができるのか、
という考え方のパラダイムシフトが必要になってきているのかもしれませんね。

コメント(0) / この記事のURL