27冊目 限界集落株式会社(黒野 伸一)

カテゴリ:目指せ本100冊読破!

コメント(0) / この記事のURL


27冊目 限界集落株式会社(黒野 伸一)


舞台は、郵便局やバスも撤退し、仕事がないために若者は都会へと出て行き、農業の担い手がいない限界集落と呼ばれる村。
そこに起業をするためにIT企業をやめ、気分転換がてら地元を訪れた主人公が訪れ、ひょんなことからこの限界集落を立て直すこととなる。

経営的視点から話をする主人公と、農業を愛し、現場の視点から話す美穂とはぶつかりながらも、村を立て直すという共通の目標から、徐々に打ち解け、村人も協力してくれるようになってくる…という感じの話です。

調べてみると、限界集落の定義は「65歳以上が人口の50%以上」だそうで、この定義なら相当な数の限界集落がありそうですね…。
そういった状態を打ち破ろうとすれば、やはり現地の人だけではなくて、この本に出てくる主人公のようなヨソモノが必要になってくるのかもしれません。

コメント(0) / この記事のURL