マイナビの広告

カテゴリ:IT

コメント(0) / この記事のURL


最近プログラミング関係の調べ事をしていると、時々みかけるマイナビさんの広告が面白い。
知らない人が見ても、なんのこっちゃとなるだろうけれど、僕らが見ると、あー確かにわかるわーと思う。

この#000という表記は、ホームページとかで使われる、カラーコード、つまり色の指定を意味します。
通常、パソコンで色を決める時には、赤、緑、青の3色の色の組み合わせによって表現し、それぞれの値を0~255(8ビット)で表現します。たとえば、赤は255.0.0、黄色は255.255.0、白は255.255.255といった感じです。で、実際に表記する時は、これを16進数で置き換えるので赤は#ff0000、黄色は#ffff00、白は#ffffff。

で、通常はこんな感じで#と16進数6桁で表現するのですが、CSSというデザインを決めるフォーマット上では、それぞれの2桁が同じ時には1桁に省略して書くことができます。たとえば、#ff9933だったら、#f93みたいな感じです。
そうすると、広告の#000は#000000のことで、赤、緑、青が全て0なので、結果、色としては黒になります。


これは、画像編集ソフトなどで、透明部分を明示するために、このような灰色のチェック柄を表示するというものです。
gifやpngといった画像には透明表示の規格があり、画像の一部を透明にしておくことで、複数の画像が重なった時などに、余白で隠れてしまうことを防いだりすることができます。

コメント(0) / この記事のURL



アプリケーションキャッシュ

カテゴリ:IT

コメント(0) / この記事のURL

HTML5という、次世代のWeb規格では、今までになかった特徴的な機能がいろいろ追加されてます。
今日初めて知ったのが、アプリケーションキャッシュという機能。

通常Webサイトというのは、インターネットにつながっていないと表示されませんが、この機能を使うと、一度インターネットで表示したページは、ネットワークが切断した状況になっても表示させ続けられるというもの。
要するのオフラインでもページにアクセスすることができるということです。
いよいよWebサイトが、ローカルのアプリケーションに近づいてきた感じがしますねー。
携帯とパソコンの境界があいまいになってくるのと同じで、Webサイトとローカルアプリケーションの境目もあいまいになってきますね。高機能になればなるほど、様々な分野の境界を越えていく現象がうまれてきますね。面白いなぁ。

コメント(0) / この記事のURL