Windows8

カテゴリ:IT

コメント(0) / この記事のURL


XPが起動しなくなってしまったのと、
いずれにせよXPのサポート期限が切れるということもあって、
Windows8にアップデートしました。

windows7でもよかったんですが、
・windows8のほうが値段が安いみたい
・windows8を触ったことなかったので、試してみたかった
・最悪フリーソフトをいくつか入れれば、windows7のような使い方ができる
・サポートが一番長い
・どうやらスピードが速いらしい
と、その辺の理由でwindows8にしました。

導入してみて、まー悪評が出るのもわかるわな、という感じ。
従来のデスクトップ型の使い方と、タッチパネル型の使い方を完全に分けてしまえばよかったのに、両方が混在しているために突然タッチパネル型の画面に遷移して、しかも戻り方が直観的ではなかったりして、初めて使う人は大いに混乱するだろうな…と感じました。

たとえば、Skypeのようなソフトにもデスクトップ版とタッチパネル版の両方があって、デスクトップ版を明示的にインストールすればwindows7みたいな使い方ができるけど、タッチパネル版をインストールすると、アプリケーションが画面全体に広がって(いわゆるiPhoneのアプリみたいな感じ)、普通のパソコンで使うにはやはり使いづらい(慣れの問題なのかもしれないけど)。
デスクトップ上で、画像ファイルを開いても、標準の画像表示アプリケーションが「フォト」というタッチパネル用のアプリケーションになっているため、突然画面全体に広がって、エクスプローラと両方を見ながら作業をするということができません。単に、標準の画像表示アプリケーションを、今までの「Windowsフォトビューア」に変更すれば問題ないんですが、このへんの設定変更ができない人だと大いに困惑するだろうなぁ…という感じです。
なので、自分でいろいろ調べて自分好みにカスタマイズできる人はそんなに問題ないでしょうが、あまりパソコンが得意でないって人にとってはとっつきにくいOSのような感じがしました。

ただ、スピードは従来より早くなっている感じがあって、サクサク動いてます。
しかも、XPが起動しなくなったHDにまだ余裕があったので、新しいパーティション切ってインストールしたら、XPの時のデータにも全部アクセスできるようになりました。データ消さなくて済んでよかったー。
しかも、windows8をインストールしたら、なぜかXPも起動するようになりました。謎です。入口のとこだけなんかおかしくなってたんですかね。

コメント(0) / この記事のURL