すり台完成

カテゴリ:木工

コメント(0) / この記事のURL


木工2つ目の課題、「すり台」ができました☆
材料はセンノキ。
「すり台」は、木材の長手方向の面の平面を出すために使う道具です。

ただ、平面の板に反り止めがついているだけだけれども、
手作業でやろうとすると結構大変。
特に、小さい木片で平面を出すのは難しい。


こういう形の組み方は、組み手の形が蟻の頭に似ていることから
蟻組みといいます。
蟻組みには、ルーターとトリマーを使いました。


昨日ですが、ダイアモンド砥石と、仕上げ砥石を買ってきました☆
仕上げは一個人工のを持ってるので、もう一個買うなら天然のほうがいいと言われて、
まあ、長いこと使うからいいかなぁ…と思って買っちゃいました。
これで家でも研げますなー。

コメント(0) / この記事のURL