VsVim

カテゴリ:IT

コメント(0) / この記事のURL

みなさん、エディタ(テキストを編集するソフト)は何を使っていますか?

僕の場合は仕事ではVisual Studioで開発していて、補助的に秀丸を使っています。
Visual Studioのコード補完や参照検索機能が充実しているので、それでほとんど事足りてしまうのですが、
時々ターミナルを利用することもあるので、
あの有名なVimを勉強することにしました。

Vimとは、Linux等、CUIのシステム(文字だけで操作するシステム)にはだいたい標準で導入されており、
マウスを使わずにキーボードだけで効率よく文字を編集することができるソフトです。
もう一つ昔からある有名なエディタにEmacsがあり、
それぞれの愛用者によって、どっちのほうが優れているかという論争が巻き起こっています。
> エディタ戦争

このブログを配置しているサーバーもLinuxなので、時々Vimは使っているんですが、
これまで本格的に勉強したことはありませんでした。
日常的に使わないと上達しなさそうなので、
Visual Studioのテキスト編集をVim風にできるVsVimというプラグインを導入しました。

まだなかなか慣れませんが、少しずつ使えるキーを増やしていきたいと思います。
とりあえず覚えたのは以下のコマンドぐらい。

h,j,k,l : キー移動
i : 文字の手前で入力モード切り替え
a : 文字の後ろで入力モード切り替え
I : 行の先頭で入力モード切り替え
A : 行の末尾で入力モード切り替え
s : カーソル位置の文字を削除して入力モード切り替え
o : 下に1行追加して入力モード切り替え
O : 上に1行追加して入力モード切り替え
w : 次の単語へ移動
b : 前の単語へ移動
f(指定文字) : 行内の指定文字の位置にカーソル移動
/(指定文字) : 指定文字を検索。nを押すとさらに次の文字を検索。Shift+nで上方向へ検索
$ : 行末尾にカーソル移動
^ : 行先頭にカーソル移動
% : 対応するカッコに移動
v : VISUALモード切り替え
Ctrl+u : 上にスクロール
Ctrl+d : 下にスクロール
gg : 先頭の行にカーソル移動
G : 末尾の行にカーソル移動
(行番号)G : 指定行番号の行にカーソル移動
u : アンドゥ
Ctrl+r : リドゥ
yy : 行コピー
dd : 行削除
p : 貼り付け
. : 前の操作を繰り返す
:wq,ZZ : 上書き保存して終了

あと、どうしてもエディタの外からコピーして持ってきたいときがあるので、
Shift+Insertでクリップボードの文字を貼り付けができます。

コメント(0) / この記事のURL



保護されていません

カテゴリ:IT

コメント(0) / この記事のURL



以前より予告されていましたが、
最新のchromeで、http通信のパスワード入力画面を開くと、
「保護されていません」という表示がアドレスバーに表示されるようになりましたね。

すべてのサイトがSSL化標準となる日も近いのかもしれません。
費用がかかるので二の足を踏んでいましたが、
無償SSLサーバー証明書Let's Encryptも普及を始めているようなので、
そろそろこのブログもSSL化を検討しないといけませんね。

コメント(0) / この記事のURL



Webサービス

カテゴリ:IT

コメント(0) / この記事のURL

最近はいろんなWebサービスが提供されててほんとに便利ですね。
以下は気になるサービスを紹介。

■notteco
帰省とかで車で長距離移動する人と、相乗りしたい人をマッチングするサイト。
まだ利用したことはありませんが、自分が移動しようと思うタイミングとマッチする人がいれば、いいかもしれませんねー。
https://notteco.jp/

■軒先パーキング
家の空いている駐車場を借したい人と、利用したい人をマッチングするサイト。
江ノ島に行った時、ディズニーランドに行った時に利用させてもらいました。
相場より安めに利用できるので、マッチする場所で提供してくれてる人がいれば、便利です。
https://parking.nokisaki.com/

■Hour of Code
Code.orgというプログラミングを推進するアメリカの非営利団体が運営するプログラミング学習サイトだそうです。1時間程度で参加でき、プログラミングに触れる機会を広げる活動だそうです。時間ある時やってみよ。
http://hourofcode.jp/

■keisanサービス
CASIOの提供する計算サービス。
ローンの計算や、単位の換算など様々な計算ツールがそろってるみたい。面白いですねぇ。
http://keisan.casio.jp/

■おくすり110番
病院でもらう薬の名前から、詳しい情報を知れるサイト。ほんとに詳しい。
http://www.jah.ne.jp/~kako/index.html

ほんとにいろいろありますねー。
便利なサイトがあったら教えてください。

コメント(0) / この記事のURL



MacBook Pro

カテゴリ:IT

コメント(0) / この記事のURL



MacBook Proをついに買っちゃいました。
オークションで、中古で64500円で購入できました。
2012年製でちょっと古めですが、綺麗に使ってくれていたもののようで、
傷も少なく綺麗です。
Xamarinとかいろいろやってみたいことがあるので、
遊び倒しますよー。

コメント(0) / この記事のURL



はじめてのハッカソン

カテゴリ:IT

コメント(0) / この記事のURL



先週末ですが、「はじめてのハッカソン」というイベントに参加してきました。
http://www.はじめてのハッカソン.com/

ハッカソンとはハック(hack )とマラソン(marathon )を合わせた言葉で、ソフトウェア開発分野のプログラマやデザイナー等が集まって、集中的にソフトを作ったりアイディアを出し合ったりするイベントのことです。

以前から興味はあったんですが、なかなか時間がとれず…。マラソンというだけあって、2日とか3日とか結構長い時間かけてやるハッカソンも多いですが、なかなかそんな長い時間は難しいので、今回は1日のみで、初参加者が多いというイベントを選びました。

行ってみると、まずノートパソコンのMAC率の高さに驚く(笑)
聞いてみると、sshとかftpとかpythonとか開発に必要なものが標準で入っていて、使いやすいのだそうです。
確かにwindowsだと全部専用のソフトをいれないといけないですもんね。
ノートパソコン古くなってきたから、次買うときははMACにしてみようかな…。

参加者は11名で、誰も知っている人がいないので最初少し緊張しましたが、ハッカソンイベントに参加するのが初めての方が大多数で、すぐに打ち解けることができました。

事前に自分ができることをアンケートで出しているので、それをもとに3チームに分けられて、ハッカソン開始。

僕の参加したチームはサーバサイドのエンジニアさん2人と、フロントエンドの学生さん1人と自分(一応フロントエンドで参加)の4人でした。
もっと学生さんとかが多いのかなと思っていましたが、意外と社会人の方がほとんどでした。

最初はまず何を作るかを決めます。
相談しながら、それぞれのアイディアを出し合っていきました。
出てきた案を組み合わせて、今回作ることになったのは、運転中などに、目的地までの飲食店を自動で検索するというもの。
出発地と目的地を指定して検索するのはよくありますが、今回作るのは、移動途中に使えるアプリとして考えました。
出発地はGPSで現在地を取得、目的地は音声入力にすることで、極力操作をしなくても使えるという点と、指定地点からの半径ではなく、経路上の検索という部分がポイントです。

作るものが決まったところで次は役割分担。僕は音声入力の案を出したので、その部分を担当。GPSから位置を取得し、ルートを検索する部分、検索結果を受けてマップに反映する部分、経路上の店舗を検索し、表示する部分と、うまく役割分担することができました。

このあたりでお昼になったので、メンバーでうどんを食べに行きました。
普段、会社関連以外でエンジニアの人と話す機会がほとんどないので、話をしていてとても面白かったです。
分野が違えばまた違った苦労がある話も聞けたりしました。

午後からは早速作成開始。
コードの共有はGitHubを使い、機能的にサーバサイドは必要なくなったので、公開もGitHub Pagesを使うことになりました。
Gitは興味はありつつも、なかなかちゃんと触れてなかったので(会社はSubversionなので)、今回色々と教えてもらいながら、作業しました。
いろんな新しい技術に触れられたり、わからない部分は聞きながら進められるところはハッカソンの面白いところかもしれません。

作成のタイムリミットが5時だったので、自分の担当部分を集中して進めて、途中うまくいかないところはお互いにフォローしながら解決して、なんとか時間までには一応動くところまで完成させることができました。
作ってると時間が経つのがあっという間だったので、機能を絞ってシンプルにしておいて正解でした。

作成が終わると次は発表です。
メンバーの方が作ってくれた簡単なパワーポイントを元に機能を紹介して、見てもらいました。
3チームありましたが、ちゃんと動くところまで作れたのはうちのチームだけだったようです。
それぞれ出したアイディアがうまく組み合わさって、早い段階で方針を決めれた点、影響を与えにくい粒度で役割分担できたところが大きかった気がします。

今回、使ったことのないいろんな技術やツールを試すことができたり、利害関係のないエンジニアの人と話ができるというのはとても楽しかったです。また、今後仕事をしていく上でも刺激を受けました。
プログラムに興味のある方や、あとデザイナーの方もぜひ、参加したら、新しい発見があって面白いと思いますよー。

↓今回作った「たべルート」です。
chrome限定で、スクリプトが拒否された場合は許可する必要がありますが、一応動くはずです。
https://ticklecode.github.io/taberoute/

時間が限られた中で作っているので、まだ改良の余地がかなりあります。でも、一応動くところまで作れたのが嬉しかったですね。あと、デザイナーの人がいてほしかった(^_^;)

コメント(0) / この記事のURL